トップ 廃品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 掲載について サイトマップ




廃品回収業者ナビ廃品回収業者や回収品目 > 廃品回収とペットボトル

廃品回収とペットボトル

廃品回収とペットボトルの画像

廃品回収などで回収されたペットボトルなどはリサイクルされます。
このリサイクルされた商品のうち、全体の25%以上を再利用されたペットボトルを使って作った製品には、ペットボトルリサイクルの認定マークが付いています。リサイクルされた商品は、スーパーやデパートなどで購入することができるのです。
衣料素材のフリースや、園芸資材、プラスチックの小物や食器、生活用品などにリサイクルされています。

資源リサイクルの筆頭アイテムとも言えるペットボトルは、回収箇所も多いようです。大手スーパーは、入口付近に「ペットボトル回収ボックス」を設けている所が多く見られます。買い物ついでに、家にある空のペットボトルを回収ボックスに入れればいいのですから、とても簡単ですね。また、スーパーにとっても、来店者数の増加になると考えられますので一石二鳥です。「せっかくきたのだから ついでに何か買っていこう」ということになります。

また、アルミ缶などもリサイクルされています。原料からアルミ缶を作るよりも、エネルギーの節約が97%にもなり、また、再利用しますからゴミの削減ににもつながります。民間の廃品回収業者に、高額を支払ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。民間の廃品回収業者の中には、詐欺まがいに高額の料金を請求したり、不法投棄をしている業者もいます。このような業者にひっかからないように地方自治体からも注意が呼び掛けらています。

不用品や廃品の中には、リサイクル料金が発生するものもあるので、すべてが無料で回収してもらうことはできませんが、少しでも安価で回収してもううこともできるのです。不用品や廃品を回収する際には廃品回収業者に、回収料金を支払っています。そして業者は、回収した不用品、廃品のうち、使えそうなものやリサイクルできそうなものは、修理して国外に輸出したりして、販売し、利益を上げているのです。
消費者は不用品や廃品を回収してもらう際、処分料金としてお金を支払っているので、あまり違和感を感じませんが、商売として考えてみると不用品や廃品は仕入れということになります。お金を貰って商品を仕入れていることになります。そして、再販売している業者に商品を売るので、仕入れ時と販売時と二回、売上が立っていることになります。普通の商売では、仕入れ時はお金を払うという常識になっているので、よくよく考えてみるとおいしいビジネスではないでしょうか。

集団回収と、廃品回収と同じものと思っている人が多いのではないでしょうか。集団回収とは、資源ゴミを地域や自治体、子供会などの団体がまとめて回収します。そして、その回収された資源ゴミを廃品回収業者と直接に取引を行い、回収や売却を行う資源回収システムです。


スポンサードリンク
廃品回収業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 廃品回収のキホン | 廃品回収業者や回収品目 | 廃品回収の仕事 | 廃品回収で賢くリサイクル | 廃品回収のメリット |
[都道府県別・廃品回収業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ