トップ 廃品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 掲載について サイトマップ




廃品回収業者ナビ廃品回収業者や回収品目 > 廃品回収とトラブル

廃品回収とトラブル

廃品回収とトラブルの画像

軽トラックなどで「無料で回収している」と言いながら回っている廃品回収業者の中には、回収後に回収料金を請求してくるものもありますので、注意が必要です。市区町村が認可した廃品回収業者でなければ、家庭の一般廃棄物の回収をしてはいけないことになっています。
きちんとした業者は、回収するもの、回収料金などを詳しく広告に掲載していたり、教えてくれたりします。たとえば、ゲーム機器、ノートパソコンは無料で回収、液晶のパソコンのモニターは無料で回収、ブラウン管モニターは有料で回収などといった内容です。

このように、廃品回収業者とのトラブルを避けるためにも、不用品や廃品、パソコン、家電製品、粗大ゴミなどを処分する際には、市区町村に確認して、住んでいる市区町村のルールに従い処分しましょう。詳しく調べないで廃品回収業者に処分を依頼すると、不法投棄やトラブルの原因になることもあります。「自治体の正規回収に出すとお金がかかるので」と言った理由で安易に廃品回収業者に依頼してしまうと、その業者が悪徳だった場合、かえって高くついてしまうことになりかねません。「物を処分するにもお金がかかるようになった」と、ある程度覚悟しておくべき時代になったと言えるでしょう。
消費生活センターは、万が一に、廃品回収業者とトラブルになってしまった際、相談に乗ってくれます。何かトラブルがあった際は最寄りの消費生活センターにいきましょう。

消費生活センターの総合管轄「国民生活センター」のサイト
http://www.kokusen.go.jp/map/

廃品回収などで回収されたものはリサイクルされます。
グリーンマークは、古紙を40%以上原料にして作られたというマークです。新しい新聞、ボール紙、絵本は古新聞から、新しい段ボールや封筒は使用済みの段ボールから、段ボール、ボール紙、絵本、新聞紙、週刊誌は古雑誌から、トイレットペーパーはコピー用紙や牛乳パックから作られています。トイレットペーパーを5個つくるのに、1Lの牛乳パック30枚で作れるのです。

リサイクルできるものは、資源ゴミとして出せば、環境にもやさしくエコにつながります。住んでいる市区町村によって回収方法は違いますが、小学校のPTAが主体となって廃品回収を行い、回収した資源ゴミを廃品回収業者に回収してもらったりしているところもあります。回収する日や曜日も決まっていたりします。資源品を回収した際に換金してもらい、そのお金はPTAの運営や行事のための費用になるのです。


スポンサードリンク
廃品回収業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 廃品回収のキホン | 廃品回収業者や回収品目 | 廃品回収の仕事 | 廃品回収で賢くリサイクル | 廃品回収のメリット |
[都道府県別・廃品回収業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ