トップ 廃品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 掲載について サイトマップ




廃品回収業者ナビ廃品回収で賢くリサイクル > 廃品回収と環境問題

廃品回収と環境問題

廃品回収と環境問題の画像

自治体によるゴミ収集も、環境問題に配慮して、「資源ゴミ」と言った名称で、ずいぶんと細分化されて回収されるようになりました。これは、一種の廃品回収と言えるでしょう。
そう言った廃品回収で集められた衣類の中でも、綿のものはウエスなどに加工されます。このように、リサイクルできるものは、再利用されているのです。廃品回収を行ったものは、その後どのようになるのか、知られていないことが多いですね。リサイクルできるものはリサイクルをして、環境に対する影響が考えられるようになってはきています。資源循環型社会を目指して、いろいろな取り組みをしていくように社会で考えていかなければいけません。この取り組みが、次の世代のためになり、地球のためにもなり、人にやさしい環境づくりになるのです。

しかし、回収されたペットボトルがリサイクル業者に引き渡されずにそのままゴミとして廃棄されていたり、「再生プラスチック製品」という表示がついている商品であるにもかかわらず、新しいプラスチックで作られていたりといった、「リサイクルの闇」問題もしばしば報道されるので、常に目を光らせている必要はありそうです。
廃品回収を行うといろいろな廃品が集まります。現代は「物余り」ですから、どこの家庭でも「まだ使えるが使わない物」は押し入れの中や物置にゴロゴロしていることでしょう。「ご家庭で不要になったものを引き取ります」と触れ回れば、「渡りに船」と「これ持ってって!」と声が掛かることは、想像に難くありません。

しかし、引き取ったはいいものの、その中でもリサイクルショップに売れそうなもの、売れなさそうなものがはっきり分かれることは事実。廃品回収業者の利益の仕組みは、リサイクルショップに回収したものを売ることです。そして得たお金で会社の運営費などの必要経費、売れなかった物(=ゴミ)の処理代などをまかなって成り立っています。
従って、少しでも高く転売できそうな物を多く回収することを目的としていますので、当然、悪質な廃品回収業者も出てきます。
地域での廃品回収などの際に、リサイクルショップに売れそうなものだけを引き取り、古紙や空き瓶などリサイクルショップに売れないものは引き取らないというケースもあるようです。地域での廃品回収のシステム崩壊につながりかねないとして、問題も生じているようです。

いずれにせよ、環境問題と廃品回収は、これからますます関心を集めそうですが、まだまだ改善しなくてはならない点もたくさんあります。
私たち一人一人が、物を買いすぎないようにしてゴミを少しでも少なくすることや、有効利用することに意識を高めていきたいものです。


スポンサードリンク
廃品回収業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 廃品回収のキホン | 廃品回収業者や回収品目 | 廃品回収の仕事 | 廃品回収で賢くリサイクル | 廃品回収のメリット |
[都道府県別・廃品回収業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ