トップ 廃品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 掲載について サイトマップ




廃品回収業者ナビ廃品回収のメリット > 廃品回収と資源

廃品回収と資源

廃品回収と資源の画像

家庭から出たゴミを回収してもらうことを廃品回収といいますが、資源回収とも言います。
資源となる古紙、カンなどに使われている鉄、アルミニウムなどの金属、ガラスでできたビン、衣類などの古布などは、その後リサイクルできるので、資源品になります。

回収方法は、いくつかあります。
「店頭回収」・・・スーパーなどに設置された回収箱にもっていく回収方法。
「拠点回収」・・・公共施設や学校に回収箱を設置して回収する方法。
「廃品回収業者による回収」・・・ちり紙交換のような回収方法。
「集団回収」・・・市民が自発的に回収する方法。
「分別回収」・・・自治体ごとに回収日などが決まっていて回収する方法。

粗大ゴミが家庭から出た場合、基本的には市区町村に回収してもらいます。
市区町村の粗大ゴミ受付センターに依頼すると金額と、回収日時を教えてくれます。回収料金は、ものにもよりますが意外とかからないそうです。
市区町村に粗大ゴミを回収してもらうには、いくつか問題点があります。一つ目は、回収日時まで家庭で保管しておかなければいけないことです。引越しなどで、緊急に回収してもらいたいときは、厳しい状態です。二つ目は、粗大ゴミを回収する場所まで運べないことがあります。このような問題があるので、場合によっては民間の廃品回収業者に依頼しなければいけないようです。

廃品回収業者を探す場合は、インターネットなどで業者を探すといいでしょう。インターネットで探して、電話をして回収料金などを確認し、回収してもらうほうが、安心です。消費者が、インターネットなどで探して廃品回収などを依頼するようになれば、街中を騒音をならして走っているトラックを排除できるのではないでしょうか。
街中をスピーカーで呼びかけている業者の中には、悪徳業者もいます。呼び止めて回収を頼むと予想以上の高額な回収料金を請求する業者です。このような業者がいるので、トラックで回っている業者は、安心して頼むことができません。消費者が不審がっているので、もう少し廃品回収業者も迷惑をかけないように、気をつけるべきだと思います。

廃品回収業者の中には、古紙回収だけを行っている業者もいますが、それだけですと経営状態はいいとはいえないそうです。ですから、ほとんどの業者が、鉄、非鉄、古繊維、ビンなどのリサイクルできるほかの資源物も合わせて回収しているようですね。


スポンサードリンク
廃品回収業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 廃品回収のキホン | 廃品回収業者や回収品目 | 廃品回収の仕事 | 廃品回収で賢くリサイクル | 廃品回収のメリット |
[都道府県別・廃品回収業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ